Reborn!YAMAMOTO

Reborn! SEIZAN

Reborn! SEIZAN

キミとつくる新しい学び、私が築く新しい学びの場
-2021年、本校は創立100周年。
 次の100年に向かって新しい学びを探し続けます-

新制服デザイン
-Now Making !-

山本学園高等学校|新制服デザイン案

新たな100年に向かって

 

6月24日、多くの企業関係者・学校関係者・報道各社の皆様をお招きし、新校名を発表させていただきました。
本校は令和4年4月から「惺山(せいざん)高等学校」として新たにスタートします。

「惺」には「はっきりと目覚めること」「澄みきって聡明な様子」という意味があります。高校生活を通じて自分の持つ個性や強みに目覚め、花を開かせ、純粋な心を持った聡明な人になってほしいという願いを込めました。「山」は地元山形の雄大な自然、そして山本学園の伝統を継承していくことを表しています。

現在は風の時代と言われています。世の中はものすごいスピードで変化しています。その激しく変化する時代の中で生きてゆくには、「強み」を持つことが必要です。高校生活の中でまず基礎学力を充実させる。その上で未来へのヴィジョンをしっかり持ち目標を定める。その目標に向かい、本校が得意とするICTを文房具のように活用し、フィールドワークを通じて地域の人々とも深く関わり、表現力・技術力・実践力を身につけ磨いていく。このようなヴィジョンを力に変える教育を実践するために、本校独自の新しいカリキュラムも準備しました。

新生「惺山高等学校」は新たな山形を創る人材を育成していきます。

 

 

2021年6月
校 長  関   義 人

校名変更
-Under Selection!-

新校名公募フォームへのたくさんのご応募、誠にありがとうございました。

期間中、総計108通のご応募をいただき、現在校内にて選考を行っております。

ご応募いただいた校名のなかからいくつか紹介します。

  • 山形誠杜高等学校(やまがたせいと)
  • 山形至陽高等学校(やまがたしよう)
  • 山形桜霞高等学校(やまがたおうか)
  • 山形令桜高等学校(やまがたれいおう)
  • 至誠館高等学校(しせいかん)
  • 文翠館高等学校(ぶんすいかん)
  • 山形修霞高等学校(やまがたしゅうか)
  • 城西学園高等学校(じょうせいがくえん)
  • 桜空高等学校(おうぞら)
  • 久遠高等学校(くおん)

本校の歴史・校訓・立地・教育内容等を踏まえて、さまざまな想いを込めた校名を寄せていただきました。
校内選考を経て理事会を開催し、5月中には新校名が決定する予定です。

校名変更にあわせて、新校名にふさわしい、新しいコースカリキュラムを編成中です。

これまでの高校の学びの枠にとらわれない多彩な授業を準備していますので、こちらにもご期待ください。