透明水彩!

 

美術部2年生は自分で「水張りした画用紙」に、透明水彩絵具をつかって作品づくり。

 

(水張りとは・・・水彩で絵を描くと、水を含んだ画用紙が膨張し、ぐにゃぐにゃになって描きづらい!という経験があると思います。それを防ぐために、描き始める前にあらかじめ水を含ませて、画用紙をパネルなどに張る手法です。)

 

 

透明水彩は扱いになれるととても便利な画材です。

 

 

鮮やかな発色をいかしたみずみずしい表現に期待!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください