山本学園高等学校 YAMAMOTO GAKUEN HIGH SCHOOL

アーカイブ

インターハイ、熊本行ってきます!

こんにちは。女バドの清野です。
県高校総体が終わりました。

初日の学校対抗は準決勝で敗れ、残念ながら3位でした。
エアコンの風が強くてシャトルが安定せず、ちょっと慌ててしまいました。

2日目のダブルスは柚葉と陽菜が決勝に進出し、接戦で敗れて第2位、
里桜とひかるが第3位という結果でした。

最終日のシングルスは1シードを破ったさくらが決勝に進出し、
私と決勝戦を行いました。
いちばんやりにくい相手でしたが、落ち着いて試合を運ぶことができ、
優勝することができました。

後輩や保護者だけでなく、OB・OGの方々や
ジュニア時代にお世話になった方まで
たくさんの応援をいただきました。
本当にありがとうございました。

来週は天童で東北大会です。
最後の学校対抗戦、みんなでがんばってきます。

校外研修を経て

2019/06/13

茶道

校外研修後の初練習。久しぶりの所作に、少々戸惑い気味の部員たち。所作の練習が終わったら、研修レポートのまとめ作業。素敵なレポートを期待しています。

初の校外研修

2019/06/12

茶道

6月7日から9日にかけて、本校茶道部初めての校外研修を開催しました。

研修先は埼玉県狭山市と入間市。どちらもお茶の生産地として有名な場所です。研修内容は、お茶の博物館での学習会とお茶畑での茶摘み体験等々。

最後は抹茶アートに挑戦!充実と楽しさ120%の校外研修となりました。

県高校総体壮行式

2019/06/10

お知らせ

明日からはじまる高校総体に向けて壮行式を行いました。

これまでインターハイ出場を目標に練習に励んできました。

3年生の先生方にも激励を受け、明日の大会に臨みます。

がんばれ!YAMAMOTO!

 

華道部 大会前最後の練習

2019/06/07

華道

いよいよ今週末にせまった「花いけバトル東北大会」。

今週は通常のお稽古のほかに、壺いけの練習も重ねました。

本番同様、5分という制限時間の中で

構成を考え、それにはまる花材を選んで活ける・・・

これを異なる花材で、何度も何度も練習しました。

最後の最後に出来上がった作品はこちら★

枝や花材の個性を大切にしながらも、

前後左右に伸び伸びとしていて、かつメリハリもある良い作品ができました。

(花材をリサイクルして練習したので、ユリの花びらが散っているのは見逃しましょう)

あとは本番、悔いのないよう戦ってくるのみ。

初めての東北大会へ、行ってきまーーす!!

華道部 基本が大事!

2019/06/06

華道

いけばなにはたくさんの流派がありますが、

私たちが学んでいるいけばなは【草月流(そうげつりゅう)】といいます。

「いつでも・どこでも・だれにでも」をモットーにしている流派です。

※ちなみに華道家の假屋崎省吾さんも草月の方です。
テレビ番組「プレバト」を見ると、勉強になります。

草月のいけばなは、基本の長さや角度に決まりがあって、

そのための“教科書”もあるんです!

毎年1年生は、その基本を覚えるのに四苦八苦・・・

今日は講師の先生だけでなく、先輩たちがアシスタントとなって指導。

基本を覚えると、そこからますますいけばなが楽しくなります。

焦らず、何度もお稽古をして、覚えていきましょう!

家庭部◇ピンクッションに変身!

2019/06/05

家庭

 

こんにちは、家庭部です。

先日完成したクラフトバンドの小物入れ

ピンクッション(針山)にアレンジしました。

 

 

まずは、生地選びから。

出来上がった小物入れと生地を合わせ、一番しっくりくるものをそれぞれ選びました。

こっちのほうがいいかな、そっちのほうがいいかも・・・と

いいものを作りたいという気持ちから、悩んでいるようす。

 

 

選んだ生地を裁断し、周りを縫っていきます。

   

 

1年生の中から「縫い物するの中一ぶりだ!」なんて声も。

しかし、みんな良い手つきです!熱中しています!

 

縫い終わったら糸をぎゅーっと引っ張り、中に綿を詰めていきます。

たくさん綿を入れ過ぎて縫い目が弾けてしまう・・・

なんてハプニングも!

しかしながら、無事完成しました!

 

 

クラフトバンドの色と生地の組み合わせが、

それぞれにしっかり合っていて素敵なピンクッションができました!

 

今日は雷がゴロゴロ鳴っていましたが、

そんな中でも和気あいあいとしている家庭部でした。

 

これからの部活でこのピンクッションが大活躍していきそうです!

 

みこころ祭りにボランティア(6月2日)

  • 今回のボランティアは、3年生の7人で行ってきました。
  • 本校の係は、『かき氷・ジュース・水ヨーヨー』『チャンス券』『焼きそば』

  • 水ヨーヨーは、はじめ作り方のこつがつかめず、顔にかかり苦戦したようです。かき氷はとても厚かったので長い列ができました。

  • チャンス券はいろんな景品があり、みなさん何が当たるかワクワクしながら購入してくださいました。

  • 焼きそばは、販売時間前から予約がたくさん入り大忙しでした。利用者の方や地域の方がとても楽しそうに過ごしてくれたようなので、私たちもボランティアに行って良かったと思いました。

部員:海藤愛紗

モンゴルから勉強にきている生徒さんと交流(5月27日)

・① 今年も、モンゴルから日本語の勉強にきている生徒さんたちと、「お好み焼き」を作って食べながら交流しました。モンゴルからいらっしゃったのは、ベッキさん(16歳:顧問の松田先生のお宅にホームステイ)とナサさん(16歳)、ドルチェハンド先生(通訳兼引率)の3名です。

  • ② お好み焼きを、2班に分かれてレシピを見ながら一緒に作りました。はじめ戸惑ったので、一回練習しておけば良かったと思いました。

    • ③会食の時は、ベッキさんが皮から手作りしたモンゴル料理の「ボーズ」も蒸して食べました。中に入っているのは牛肉と玉ねぎと塩だけなのだそうですがとてもおいしかったです。

  • ④私たちは、日本のことを教えたりモンゴルのことを質問したりしながら、楽しく交流することができました。驚いたことは、モンゴルは男の人は遊牧民としての仕事があるので、先生や医者・社長さんなど女性が多いこと。女の子たちは、小さい頃からお手伝いをたくさんして、小さい子の面倒を見たり食事を作ったりするので、みんなが料理できることなどです。        部員:鎌倉麻衣
<前のページへ | 次のページへ>

アーカイブ

2019.06

 
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

カテゴリー