Category :::女子バドミントンの記事

村山地区高校総体ほか 女子バドミントン部

5月12日より、県総合運動公園にて「平成30年度村山地区高校総体バドミントン競技」が開催されました。

初日の学校対抗戦はすべてストレート勝ちで決勝に進出、決勝戦はシングルス・ダブルスともに善戦するも2-3で敗れました。

個人戦はダブルスにて紅葉・清野組が3位、シングルスにて清野優香が2位という結果でした。

また、翌19日土曜日には山形市総合スポーツセンターで「第73回国民体育大会山形地区予選会」が行われ、7複10単が7月の県予選会出場を決めました。計14人の県出場は過去最多です(嬉しいことです!)。特に新1年生6人が好ゲームを見せてくれました。

6月1日からの県高校総体でも生徒たちの健闘を期待しています!

女子バドミントン部 県高校1年生大会 優勝しました!

11月23日、1年生大会が山形県体育館にて開催されました。

2年生が台湾への修学旅行中ということで、3年生の協力をもらいながら練習し、当日を迎えました。
いつもは元気な1年生もこの日は朝から心持ち緊張気味でしたが、5人で声を掛け合いながら試合を進め、2年ぶりの優勝杯を受け取ることができました。

それぞれ課題がたくさん見つかったようですが、コーチとしてベンチに入った3年生からも
「言い訳しないで練習することが一番大事!」と暖かいアドバイスをもらい、来春に向けて決意を新たにしたようです。

1年生大会を終えると山形も寒い寒い冬を迎えます。
体育館の寒さに負けず、春を心待ちにしながら頑張っていこう!

南東北インターハイ、応援ありがとうございました 女子バドミントン部

南東北インターハイ・バドミントン競技が7月29日より本県を会場に開催されました。

本校女子バドミントン部は尾花沢市文化体育施設「サルナート」にて学校対抗を、新庄市体育館にて個人ダブルスを戦いました。

学校対抗戦は1回戦で西武台千葉との激戦を制した山陽女子と2回戦を戦い、結果は0-3でしたが、第1ダブルスはファイナルまでもつれる展開でした。
また、個人戦は愛知の第1代表である名経大市邨との試合で、0-2で接戦を落としたものの最後まで息詰まる好ゲームを見せてくれました。

学校対抗戦、個人対抗戦とも卒業生・保護者・指導者の方々を始め、たくさんのご声援を頂戴しました。なかには遠路関東より応援に駆け付けて下さった方もおり、足を運んで下さった方、ご支援頂いた方々にあらためて深く感謝申し上げます。

3年生はこれをもって高校の部活動からは引退となります。現在、2年生・1年生が新チームでの初戦に臨むべく日々練習を重ねているところです。今後ともご支援・ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。