卒業生の活躍 平成26年度卒業 粟津凱士選手(東日本国際大学硬式野球部)

先日行われました全日本大学野球選手権において、本校卒業生の粟津凱士(あわつかいと)選手が京都学園大学を相手に、完投・完封勝利を収めました。

粟津選手は山形7小3年生から野球を始め、山形2中では軟式野球部に所属し、本校在学中には投手としての才能を開花させ、2年時に秋季県大会にて優勝したメンバーの一人です。
大学進学後は1年生の春からベンチ入りを果たし、着実に実績を積み上げ、技術を磨いてきました。
4年生となった今大会では、変化球を自在に操り打者を翻弄し、見事2戦連続の完封勝利を収め、チームを全国ベスト8へと導きました。

今回の活躍は、球団のスカウトの目にも止まり、高い評価をいただいているようです。
本校の卒業生として、今後も粟津選手を応援していきたいと思います。


(写真提供 日刊スポーツ)

※外部リンク
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806130000507.html
(日刊スポーツ 2018年6月13日)

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806140000208.html
(日刊スポーツ 2018年6月14日)